4Kハンディカムからの取り込み&BDデスクへのダビング、SeQVaultに対応したBDレコーダー「BDZ-ZT3500」等が発表

本日、ソニーより4Kハンディカムの取り込みやBDへの書き込み、SeeQVault対応HDDへの録画に対応したBDレコーダー「BDZ-ZT3500」など5機種が発表になりました。2チューナーモデルが6月24日、3チューナーモデルは7月8日に発売です。

ソニーストア  ソニーストア

すべては、音楽の感動のために

SeeQvault対応HDDで録画容量アップ&バックアップも可能

2017-05-31_bdz-zt3500-4k-seeqvault-01.jpg

⇒ 4Kハンディカムの動画取りこみや、外付けハードディスクの利便性を高める「SeeQVault™」対応など
さらに機能を拡充したブルーレイディスク™レコーダー全5機種発売

 

BDレコーダーの新作のイメージって

年末に向けての秋~冬のイメージがあったのですが、今回は夏前ですね。

 

今回発表されたのは、3番組録画モデルが3機種、2番組録画モデルが2機種の

合計5機種が発表になりました。

DLNAやどこでも視聴などの機能が録画中に使えなくなってしまうため、

1チューナーのモデルは前回同様、今回も発表されていません。

 

 

BDZ-ZT3500/BDZ-ZT2500/BDZ-ZT1500(3番組録画モデル)

2017-05-31_bdz-zt3500-4k-seeqvault-02.jpg

ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ZT3500

HDD容量:3TB

ソニーストア販売価格:99,880 円+税

 

ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ZT2500

HDD容量:チューナー・HDD容量:2TB

ソニーストア販売価格:82,880 円+税

 

ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ZT1500

HDD容量:1TB

ソニーストア販売価格:69,880 円+税

 

発売日:2017年7月8日

⇒ 商品詳細はこちら

 

 

BDZ-ZW1500/BDZ-ZW550(2番組録画モデル)

2017-05-31_bdz-zt3500-4k-seeqvault-03.jpg

ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ZW1500

HDD容量:1TB

ソニーストア販売価格:59,880 円+税

 

ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-ZW550

HDD容量:500GB

ソニーストア販売価格:49,880 円+税

 

発売日:2017年6月24日

⇒ 商品詳細はこちら

 

 

残念なのは、2番組録画モデルで容量が2TBのモデルがなくなったこと。

『よく録画するけれども、重なって何番組も録画しない』という使い方の人には良かったのですが。

まあ、下記のSeeQvault対応HDDでそのあたりの問題は解決しそうです。

 

そして本体のサイズが、昨年モデルから特に小さくなりましたね。

2017-05-31_bdz-zt3500-4k-seeqvault-04.jpg

 

スマートになった要因としては、サウンドバーやホームシアターシステムで

HDMI端子が普及したというのもあるでしょうね。

2017-05-31_bdz-zt3500-4k-seeqvault-05.jpg

 

 

BDレコーダー2017年モデルの新機能

 

4Kハンディカムの取り込み&BDへの書き出し

2017-05-31_bdz-zt3500-4k-seeqvault-06.jpg

『4Kハンディカムを買っても、PCを持ってないと録画した映像を保存できない』という問題が

ようやく解決できるようになります。

また、4K画質の映像をブルーレイディスク(BD)へダビングも可能です。

これでBDレコーダーのHDDが一杯になることもありませんね。

なお、BDへ書き込む際のフォーマットはMP4形式となります。

 

ただ、ソニーさんがいうには、このBDへダビングした4Kの映像は

あくまで自身のBDレコーダーに保存してある映像の予備として扱ってほしい、とのこと。

MP4フォーマットでダビングされていますが、ダビングを行った機器以外

特に他社製品の場合、コーデックなどの違いで再生できない可能性があるとのこと…

 

具体的に言うなら、

4Kハンディカムで録画した孫の運動会の映像をBDレコーダーに取り込み、

BDにダビングしたものを田舎の両親に送っても見れない場合があるそうな。

この場合は、2K(HD)のAVCHD形式でハンディカムから取り込めばOKとのこと。

4Kはまだまだ進化の途中なんですね…

 

 

SeeQvault対応HDDへの録画

2017-05-31_bdz-zt3500-4k-seeqvault-07.jpg

「録画する容量がない!」という問題が一気に解決する外付けHDDですが

これまでは同じメーカーのレコーダー間でも、

外付けHDDに録画した映像は見ることができませんでした。

 

今回発表されたモデル以降は、SeeQvaultに対応しているため

SeeQvaultに対応したHDDに保存した映像であれば、別の機種でも再生が可能になります。

 

しかし、『一部メーカー違いの機器間では再生がうまくいかない場合もあります。』

とSeeQvaultのWEBサイトには書かれているため、まだ完全に互換性があるとは言えないようです。

⇒ SeeQvault

 

ちなみにSeeQvault対応の外付けHDDの相場は3TBで2万円~3万円、

非対応モデルは1万円~2万円と言ったところでしょうか。

対応モデルは少し高いですが、先々のことを考えると、

新型のBDレコーダーを購入した場合は、SeeQvault対応モデルの方がいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

録画中などのもっさり動作が大幅に改善

2017-05-31_bdz-zt3500-4k-seeqvault-08.jpg

あと、新商品発表会にて実機を触った際に思ったのが

 

従来機の動作がもっさりしていた件が解消していました。

 

従来機もアップデートで少しはマシになっていましたが、

新作のBDレコーダーのさくさく動く感じはかなり良かったです。

 

他にも、スマホと連携すれば外出先から番組の録画予約ができたり、

録画した番組が見れたりなど、5年以上HDDレコーダーを買い替えていない人は、

できることもかなり増えているので、壊れる前に買い換えるのをオススメします。

 

ソニーストア   h.ear go(SRS-HG1)

どうして丸くなったの? やっぱり四角がいいの?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pipo.co.jp/mt-tb.cgi/852

Sony Authorized Dealer

電脳工房pipo!中電気店はソニー特約店です。
ご購入頂いたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

VAIO株式会社製VAIO展示店 店頭にてお試しいただけます
ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア

中の人による商品紹介&レビュー

Xperia

  • Xperiaスマートフォン

VAIO

  • VAIO社製 VAIO C15
  • VAIO社製 VAIO S15
  • VAIO社製 VAIO S13
  • VAIO社製 VAIO S11
  • VAIO社製 VAIO Z
  • VAIO社製 VAIO Z Canvas

VAIOアクセサリー

  • VAIOアクセサリー
  • VAIO機能・ソフト
  • VAIO情報

α:アルファ(デジタル一眼カメラ)

  • “α”Eマウント(NEX)
  • “α”Aマウント
  • “α”専用レンズ
  • “α”アクセサリー

その他のSony製品

  • ウォークマン
  • サイバーショット
  • ハンディカム
  • オーディオ・ステレオ
  • ヘッドホン
  • PS4/PS3/PSVita