2015-06-06_bdplayer-00.jpg

高速起動や4K映像やハイレゾの再生に対応したBDプレイヤー「BDP-S6500」と「BDP-S1500」が登場!

DVDやBDを再生するだけではなく、ネットワークメディアプレイヤーとして使うことが出来ます。

ソニーストア  ソニーストア

すべては、音楽の感動のために

BDやDVDだけじゃない。ネット動画もTVで見れる

 

2015-06-06_bdplayer-01.jpg

⇒ NETFLIXなどの動画配信サービスも楽しめる、コンパクトなブルーレイディスクプレーヤー2機種発売
上位機種『BDP-S6500』は、MIMO対応のWi-Fiを内蔵、4Kアップコンバート機能も搭載

 

 

先日発表された新型BDプレイヤー「BDP-S6500」と「BDP-S1500」は

DVDやBDといったディスクメディアの再生だけでなく、

You Tubeなどのネット配信されている動画や家庭内のネットワーク上にある

BDレコーダーに録画した番組を見る等、ネットワークを利用した動画の視聴も可能になっています。

 

 

2015-06-06_bdplayer-02.jpg

ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-S6500

ソニーストア販売価格:19,880円+税

発売日:2015年6月20日 先行予約販売中

⇒ BDP-S6500の商品説明はこちら

 

 

2015-06-06_bdplayer-03.jpg

ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-S1500

ソニーストア販売価格:11,880円+税

発売日:2015年6月20日 先行予約販売中

⇒ BDP-S1500の商品説明はこちら

 

 

新型BDプレイヤーの特徴は早い!綺麗!小さい!色々できる!

 

BDレコーダーやHDDレコーダーを既にお持ちの人が、BDプレイヤーを買い足すことはほぼないはず

でも、4~5年前に購入したBDレコーダーを使っている人にこそ

実は新しく発売するBDプレイヤーを使って欲しいんですよね

 

 

オススメその1.電源入れてから待たせない高速起動

 

2015-06-06_bdplayer-04.jpg

 

BDP-S6500、BDP-S1500両方に「高速起動モード」が搭載されています。

設定しておけば、電源OFF状態から1秒の高速で起動します。

見たいと思った時に、すぐ起動するのでストレスなく操作ができます。

 

ただし、「高速起動モード」を設定しておくと待機中の消費電力が標準モードに比べて増えます。

頻繁に使わない人は標準モードでもいいかもしれません。

 

 

 

オススメその2.綺麗・いい音!4K&ハイレゾ音源に対応

 

BDP-S6500とBDP-S1500はフルHDよりも高精細な4Kの再生性にも対応しています。

4K対応のTVに接続すれば、4K相当にアップコンバートを行います。

 

2015-06-06_bdplayer-05.jpg

また、以前の機種ではディスクメディアや静止画コンテンツ(写真など)のみがアップコンバートの対象でしたが

BDP-S6500とBDP-S1500ではYouTubeなどのネット配信の動画、DLNA、

USBメモリなどに保存されたコンテンツにも対応しています。

 

2015-06-06_bdplayer-09.jpg

 

 

映像だけでなく、音楽に関してもハイレゾメディアに対応しました。

2015-06-06_bdplayer-06.jpg

 

FLACやWAV形式のファイルは両機種でハイレゾメディアの再生が可能。

BDP-S6500ではそれに加えて、DSDやAIFF、ALAC形式のメディアにも対応しています。

スーパーオーディオCDの再生も可能なので、シアターシステムをお持ちの場合は

音楽再生の利用にも使えます。

 

また、BDに保存されているMP3やATRACなどの圧縮音源の高音域を保管する

「デジタルミュージックエンハンサー」を搭載。

音楽CDの原音により近い音で再生できます。

 

2015-06-06_bdplayer-10.jpg

 

ライブBDやミュージックBDなど、映像と音の両方が高品質な動画の再生などは

対応していないものと比べると特に差が大きくでてくるでしょう。

 

 

 

大きめのコンビニ弁ぐらいの大きさにサイズダウン

 

2015-06-06_bdplayer-07.jpg

 

BDプレイヤーのサイズは新製品が出るたびに小さくなっていますが

今回の「BDP-S6500」「BDP-S1500」では特別小さくコンパクトになっています。

 

幅はBDP-S6500が25.5cm、BDP-S1500では23cmと、30%ほど小さくなっています。

まな板ほどのサイズだったものが大きめのコンビニ弁当程度になりました

TV台やラックなどでBDレコーダーを既に使っている場合でも追加で設置ができるサイズです。

 

 

YouTubeなどのネット配信動画やDLNAの再生機として

 

2015-06-06_bdplayer-08.jpg

 

BDP-S6500やBDP-S1500の魅力はネットに接続してYouTubeなどの動画コンテンツの再生が可能な所!

ネットーワークへの接続も、BDP-S6500はMIMOに対応した無線LAN機能を内蔵しているので、

ネットワークの線を持って来にくい場所でも接続が可能です。

BDP-S1500には無線LAN機能がないので、無線LANで使いたい場合は注意が必要です。

 

対応している動画コンテンツは

  • YouTube(無料)
  • Play Station Video(有料)
  • NETFLIX(有料)
  • BERLINER PHILHARMONIKER(有料)
  • BILLABONG.(有料)

YouTube以外は有料となります。

動画単位で購入する「Play Station Video」や

今年の秋以降に日本でも使える月額制の「NETFLIX」などの利用が可能です。

 

PCやスマホ、タブレットでの視聴が多いネット動画ですが

大きな画面で見るのはPCやスマホで見るのとはまた違う楽しみがあります。

 

DLNAにも対応したBDプレイヤーなので「nasne」をお持ちの方が

TVで再生するためのプレイヤーとしての使い方もあり!

録画はスマホやタブレットから行うことになりますが、

nasneとBDP-S6500とセットで5万円以下で録画とBDの再生が可能なのは魅力的。

 

BDやDVDの再生プレイヤーとしてだけでなく、様々な使い道のあるプレイヤー

ぜひともネットワークに接続して使いたい商品です。

発売は6月20日、ソニーストアでは先行予約販売も始まっています。

お届けは6月中旬とのこと、はっきりした日が出ないのは品不足なんでしょうか・・・?

 

 

2015-06-06_bdplayer-ad01.jpg
⇒ ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-S6500

 

2015-06-06_bdplayer-ad02.jpg
⇒ ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-S1500

ソニーストア   h.ear go(SRS-HG1)

どうして丸くなったの? やっぱり四角がいいの?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pipo.co.jp/mt-tb.cgi/522

Sony Authorized Dealer

電脳工房pipo!中電気店はソニー特約店です。
ご購入頂いたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

VAIO株式会社製VAIO展示店 店頭にてお試しいただけます
ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア

中の人による商品紹介&レビュー

Xperia

  • Xperiaスマートフォン

VAIO

  • VAIO社製 VAIO C15
  • VAIO社製 VAIO S15
  • VAIO社製 VAIO S13
  • VAIO社製 VAIO S11
  • VAIO社製 VAIO Z
  • VAIO社製 VAIO Z Canvas

VAIOアクセサリー

  • VAIOアクセサリー
  • VAIO機能・ソフト
  • VAIO情報

α:アルファ(デジタル一眼カメラ)

  • “α”Eマウント(NEX)
  • “α”Aマウント
  • “α”専用レンズ
  • “α”アクセサリー

その他のSony製品

  • ウォークマン
  • サイバーショット
  • ハンディカム
  • オーディオ・ステレオ
  • ヘッドホン
  • PS4/PS3/PSVita