2016-03-12_vaio-office2016-00.jpg

ソニーストアにてVAIO購入時に選択できる「Microsoft Office」のバージョンが2013から2016に変更になりました。

「Office Premium」も引き続いて選択できますが、2016になってどこが変わったのでしょうか?

ソニーストア  ソニーストア

すべては、音楽の感動のために

Office 2016は機能が追加されたけども基本操作は2013と変わらず

 

2016-03-12_vaio-office2016-10.jpg

⇒ Office2016

 

Office 2016は昨年の9月30日に発売したOfficeの最新版。

ビジネスで利用することがほとんどだけに、

最新版にとびついて今まで使えてた機能が急に使えなくなった!

ということが無いようにするためか、VAIOでの選択肢としては

発売から約半年後となる3月10日から選べるようになりました。

 

Office2016を選ぶことができるモデルは、

昨年末~今年にかけて発売された機種が対象となっています。

 

2016-03-12_vaio-office2016-01.jpg

VAIO Z フリップモデル / クラムシェルモデル

ソニーストア販売価格:156,800 円+税 〜

⇒ 「VAIO Z フリップモデル / クラムシェルモデル」の詳細はこちら

 

 

2016-03-12_vaio-office2016-02.jpg

VAIO S11

ソニーストア販売価格:114,800 円+税 〜

⇒ 「VAIO S11」の詳細はこちら

 

 

2016-03-12_vaio-office2016-03.jpg

VAIO S 13

ソニーストア販売価格:114,800 円+税 〜

⇒ 「VAIO S13」の詳細はこちら

 

 

2016-03-12_vaio-office2016-04.jpg

VAIO S 15

ソニーストア販売価格:89,800 円+税 〜

⇒ 「VAIo S15」の詳細はこちら

 

 

 

Office2013が選べるモデル

 

Office2013が選べるモデルもまだ販売は行っています。

ただし、Office2016に比べて選べるモデルは、かなり制限があります。

 

2016-03-12_vaio-office2016-05.jpg

VAIO Fit 15E | mk2 Celeron搭載モデル

ソニーストア販売価格:56,800 円+税 〜

⇒ 「VAIO Fit 15E | mk2 Celeron搭載モデル」の詳細はこちら

 

 

2016-03-12_vaio-office2016-06.jpg

VAIO Fit 15E | mk2 ホワイト Disney キャラクターデザインモデル Celeron搭載モデル

ソニーストア販売価格:61,800 円+税 〜

⇒ 「VAIO Fit 15E | mk2 ホワイト Disney キャラクターデザインモデル Celeron搭載モデル」の詳細はこちら

 

 

また、VAIO Z Canvasは特殊で、Office Premiumしか選ぶことができません。

Office Premiumはインストールも必要になります。

常に最新版のOfficeが提供されますがお使いの環境と合わない場合もあります。

(もしかすると、将来的にWindows 8.1や10に非対応になることもありえます。)

 

2016-03-12_vaio-office2016-07.jpg

モンスタータブレットPC VAIO Z Canvas

ソニーストア販売価格:249,800 円+税 〜

⇒ 「VAIO Z Canvas」の商品詳細はこちら

 

 

Office2013とOffice 2016の違いは?

 

Office2016ではメニューの「開く」が[固定][今日][先週][しばらく前]と

区分けされて見やすくなったり、新しいグラフやスマート検索が追加されたりしていますが

Office 2003 ⇒ 2007の時の様な大きな変化はないため、

Office 2013を使っていた人であれば特に問題なく使用できると思います。

 

こちらは、VAIO Z Canvas × Office 2013

2016-03-12_vaio-office2016-09.jpg

 

 

こちらは、2016年版のVAIO Z × Office2016

2016-03-12_vaio-office2016-08.jpg

 

画面上部にOffice 2016では色(標準は緑)がついただけで、配置なども変更はないようです。

 

 

Office PremiunとOffice 2016ならどちらを買う方がいいのか?

 

2016-03-12_vaio-office2016-11.jpg

⇒ Office Premium

 

これは、ケースバイケースという言葉が当てはまりますが、

当店ではOffice Premiumよりも、Office20××をオススメしています。

 

というのも、Office premiumのメリットは

  • アップデートで最新版が使える
  • 1年間のOffice365が付いてくる

逆にデメリットは

  • インストールされているPCが壊れた場合、他のPCにはもっていけない。※
  • Office 365の契約関係が面倒(2年目から有料)
  • 強制的に最新版にされる

※実際にはバンドル版のOfficeなので他のPCにインストールするのは
ライセンス的には×ですが、他のPCで使おうと思えば使えるので…

 

特にビジネスで使う方にとっては、常に最新版=最適ではないため
なかなかオススメしにくいですね。

もちろん、同じVAIOを長く使えば使うほどOffice premiumのほうが
最新版が使えるのでお得といえばお得。

 

このあたりは、安定性を求めるのか、最新版を求めるのかで変わってくると思います。

 

OfficeもAdobeの製品のように全て年間○○円という
サービス体系になるかと思ったらそうでもないんですね。

 

 

Office 2016が選べるモデルはこちら

2016-03-12_vaio-office2016-ad01.jpg

⇒ VAIO Z フリップモデル / クラムシェルモデル

 

2016-03-12_vaio-office2016-ad02.jpg

⇒ VAIO S11

 

2016-03-12_vaio-office2016-ad03.jpg

⇒ VAIO S13

 

2016-03-12_vaio-office2016-ad04.jpg

⇒ VAIO S 15

ソニーストア   h.ear go(SRS-HG1)

どうして丸くなったの? やっぱり四角がいいの?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pipo.co.jp/mt-tb.cgi/636

Sony Authorized Dealer

電脳工房pipo!中電気店はソニー特約店です。
ご購入頂いたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

VAIO株式会社製VAIO展示店 店頭にてお試しいただけます
ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア

中の人による商品紹介&レビュー

Xperia

  • Xperiaスマートフォン

VAIO

  • VAIO社製 VAIO C15
  • VAIO社製 VAIO S15
  • VAIO社製 VAIO S13
  • VAIO社製 VAIO S11
  • VAIO社製 VAIO Z
  • VAIO社製 VAIO Z Canvas

VAIOアクセサリー

  • VAIOアクセサリー
  • VAIO機能・ソフト
  • VAIO情報

α:アルファ(デジタル一眼カメラ)

  • “α”Eマウント(NEX)
  • “α”Aマウント
  • “α”専用レンズ
  • “α”アクセサリー

その他のSony製品

  • ウォークマン
  • サイバーショット
  • ハンディカム
  • オーディオ・ステレオ
  • ヘッドホン
  • PS4/PS3/PSVita