2015-06-10_vaiopro13mk2-00.jpg

人気のモバイルPC「VAIO Pro 13」がユーザーの意見を反映した「VAIO Pro 13|mk2」として新登場。

ビジネスの現場で必要な「薄さ」「軽さ」だけでなく、従来機よりも「剛性」を高めた一台になっています。

ソニーストア  ソニーストア

すべては、音楽の感動のために

ビジネスユーザーの要望をふんだんに取り入れた「VAIO Pro 13|mk2」

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-01.jpg

タフモバイル VAIO Pro 13|mk2

ソニーストア販売価格:109,800円+税 ~

⇒ VAIO Pro 13|mk2の商品説明はこちら

 

 

VAIO Pro 13 | mk2で目指したのは、「実用性を重視」した薄さと軽さ

2015-06-10_vaiopro13mk2-02.jpg

 

いきなりですが、

 

VAIO Pro 13|mk2は従来機の
VAIO Pro 13よりも重くて分厚いです。

 

とだけ書くとVAIO株式会社の人々から怒られそうなのでキッチリと説明を。

 

本体は最も厚い部分は 17.2mm ⇒ 18.9mm

薄い部分も、12.8mm ⇒ 14.3mm

重さも、タッチパネルなしモデルで、0.94kg ⇒ 1.03kg

 

これだけ見るとVAIO Pro 13|mk2になって性能が下がったと思われますが…

 

ノートPCのサイズって1.7mm厚くなって使いづらくなりますか?

100gほど増えたら持ち歩くのに支障をきたしますか?

 

私はVAIO Pro 13|mk2の性能を見てからは「NO!」と言いきれます。

 

 

1.7mmを犠牲にしてでもこの「剛性」が必要

 

VAIO Pro 13|mk2」は見た目は従来機の「VAIO Pro 13」に似ていますが、

本体のボディや液晶部分の構造はまったく別物になっています。

 

VAIO Pro 13|mk2の液晶の回り覆う部分や天板には、マグネシウム合金が使われています。

中でも特に負荷のかかるヒンジ部は、マグネシウムの削り出を使用。

素材の点からも剛性を高め、構造的に強い強度になっています。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-03.jpg

底面には、高剛性樹脂が使われています。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-04.jpg

 

また、キーボードやタッチパッド、ケーブルの抜き差し部分など、

ボディ内部の負担がかかりやすい箇所に立ち壁状のリブが追加され、堅牢性が非常に高くなっています。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-05.jpg

こちらは仕上げ前の段階ですが、溶かした金属を流し込む鋳造品ではなく

金属の塊を削って作られています。 そのため鋳造品よりも高い強度を持っているそうです。

 

 

目を覆いたくなるような強度実験を耐えた「堅牢性」

 

VAIO Pro 13|mk2はビジネスユーザーが使う事を想定した造りになっています。

 

満員電車でもみくちゃになっても、机から落としても、

間違ってペンを挟んで閉じてしまっても踏んづけても… などなど

激しい使用にも耐えれるようになっています。

 

実験の様子は動画としてYouTubeで見ることが出来ます。

どれも「そんな実験したら壊れるでしょ!」というようなものばかり。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-06.jpg

ペン挟み試験

ペンを挟んで液晶を閉じた場合の耐久性を追求。
鞄の中で液晶とキーボードの間にペンが挟まった状態を想定し、円筒状の棒を挟んで強い力で閉じます。

 

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-07.jpg

加圧振動試験

圧力と振動からデータを守る堅牢生を追求。
鞄に入れて満員電車に乗った場面などを想定し、150kgf*もの圧力を加えたまま振動を与え続けた後、動作確認を行います。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-08.jpg

角衝撃試験

日々繰り返されるストレスに対する耐性を追求。
PCを片手で無造作に机に置いたときなどを想定し、5cmの高さからの落下を5,000回、4つの角すべてで行います。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-09.jpg

90cm落下試験

持ち運び時の落下に対する堅牢生を追求。
90cmは、VAIOを脇に抱えた高さです(身長170cmの人の平均)。抱えていて落とす、
さらにはデスクから落とす場面なども想定し、90cmからの落下を天地・両側面・前後の6面すべてで行います。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-10.jpg

本体ひねり試験

突然の強いひねりからデータを守る堅牢生を追求。
通勤ラッシュ時の急停車などPCが人や荷物で押しつけられた状態を想定し、大きなひねりを加えた後、動作確認を行います。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-11.jpg

液晶ハウジング加圧試験

手・ひじ・鞄などで強く押しても液晶が壊れにくい構造を追求。
持ち運ぶ際に、液晶側を手で強く押してしまう状況などを想定し、液晶側のハウジング(外装)を大きな力で直接加圧します。

 

VAIO が悲鳴をあげてしまいそうな試験ばかり。

このような試験を突破する性能をVAIO Pro 13|mk2は備えています。

 

 

 

ビジネスユーザーの痒い所にまで気を配った本体性能

 

VAIO Pro 13|mk2が従来機よりも分厚くなってしまった理由がもう1つ

それはビジネスユーザーが本当に必要としている機能を追加したからなんですね。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-17.jpg

上の画像は「VAIO Pro 13」を左右から見たものです。

シンプルでスッキリとしており、HDMIの外部出力やSDメモリーカードなど必要なものは揃っています。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-12.jpg

そして、こちらのVAIO Pro 13|mk2を左右から見たもの。

VAIO Pro 13に比べるとなんだかゴチャゴチャとしているように見えるのは仕方ないこと。

 

なぜなら、本体の奥行きはほとんど変わらずに

  • 有線LAN端子
  • アナログRGB出力端子
  • USB出力端子×1

が増えているからです。

 

有線LAN端子やアナログRGB出力端子を搭載することで本体は約1.7mm厚くりなりました。

VAIO Pro 13でも有線LAN端子やアナログRGB出力端子がない部分をカバーするために

有線LANを無線LANに変えるアダプターや

HDMIをRGB出力に変換するケーブルが付属していました。

 

ですが、ビジネス用途で持ち歩くのなら、そんな外部オプションは無かった方がいい

プレゼンの場でアダプターやケーブルを忘れてしまったら、台無しです。

なるべくなら持ち歩くものを少なくしたい。

重量では100gほど増えていますが、アダプターや変換ケーブルを持ち歩かなくて済むので

結果、荷物は以前よりも軽くなると思います。

 

 

デザインとは「問題」を解決するための「設計」

 

バックライトキーボード

2015-06-10_vaiopro13mk2-13.jpg

 

VAIO Pro 13|mk2ではキーボードはバックライトキーボードが標準。

電車や飛行機の中、ホテルなどで使う場合でも視認性を高めミスタイプを減らす工夫です。

 

 

2ボタンタッチパッド

2015-06-10_vaiopro13mk2-14.jpg

 

タッチパッドは機能性を優先した2ボタン式のタッチパッドになっています。

右クリックって意外とよく使うので、誤反応するとイライラします。

1ボタン式に比べるとタッチパッドの領域は狭くなってしまいますが、こちらの方が利便性は高いです。

 

タッチパッドの配置位置も本体の中央ではなく、

スペースキーの真下、ホームポジション中央に配置されているため快適に操作ができます。

 

 

高感度ワイヤレスLAN

2015-06-10_vaiopro13mk2-15.jpg

ネットワークが遅いとやっぱりイライラします。

有線LANの端子があっても新幹線などで使うにはWi-Fiなどの無線での使用が中心

VAIO Pro 13|mk2はアンテナの位置を高い位置に持っていくことで

感度が飛躍的にあがり、電波の弱い環境でも通信速度が安定するようになりました。

 

 

長時間バッテリー&小型ACアダプター(USB端子付き)

2015-06-10_vaiopro13mk2-16.jpg

VAIO Pro 13|mk2は約9.4〜10.4時間(JEITA測定法 2.0*)のスタミナを搭載。

ここまで長時間であれば出張や長時間のプレゼンでも安心。

ACアダプターにはUSBの端子も付いているので、PCを使う時だけでなくスマホやタブレットを充電するのにも使えます。

 

 

「VAIO Z Canvas」のような革新的な機能を積んでいるわけではありませんが、

ひたすら実用性に特化した「VAIO Pro 13|mk2」

ビジネスや大学生などの毎日に持ち歩く人には非常にオススメの1台です。

 

6月3日にブラックの「VAIO Fit 13|mk2」が発売しましたが、

今月の下旬にはシルバーのモデルも発売になります。

ブラックよりもクールなイメージなのでこちらの発売を待っているという人も多そうですね。

 

2015-06-10_vaiopro13mk2-ad01.jpg

※写真はタッチパネル搭載モデル

⇒ VAIO Pro 13 mk2 VJP1321

 

ソニーストア   h.ear go(SRS-HG1)

どうして丸くなったの? やっぱり四角がいいの?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pipo.co.jp/mt-tb.cgi/523

Sony Authorized Dealer

電脳工房pipo!中電気店はソニー特約店です。
ご購入頂いたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

VAIO株式会社製VAIO展示店 店頭にてお試しいただけます
ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア

中の人による商品紹介&レビュー

Xperia

  • Xperiaスマートフォン

VAIO

  • VAIO社製 VAIO C15
  • VAIO社製 VAIO S15
  • VAIO社製 VAIO S13
  • VAIO社製 VAIO S11
  • VAIO社製 VAIO Z
  • VAIO社製 VAIO Z Canvas

VAIOアクセサリー

  • VAIOアクセサリー
  • VAIO機能・ソフト
  • VAIO情報

α:アルファ(デジタル一眼カメラ)

  • “α”Eマウント(NEX)
  • “α”Aマウント
  • “α”専用レンズ
  • “α”アクセサリー

その他のSony製品

  • ウォークマン
  • サイバーショット
  • ハンディカム
  • オーディオ・ステレオ
  • ヘッドホン
  • PS4/PS3/PSVita