2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-00.jpg

4K録画対応の新型アクションカム「FDR-X3000」とフルHD録画対応の「HDR-AS300」が発表されました。

「本体防滴」やアクションカムでは初となる「空間光学ブレ補正」搭載など、アクションカムとしてはほぼ完璧です。

ソニーストア  ソニーストア

すべては、音楽の感動のために

新型アクションカムは必要な機能をほぼ全て備えた1台

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-01.jpg

⇒ 激しいブレも抑えて高精細な映像を撮影できる「空間光学ブレ補正機能」を初搭載 4Kアクションカム『FDR-X3000R』とHD対応モデル『HDR-AS300R』を発売

 

ソニーさんより先日、新型アクションカム2機種

フラグシップモデルとして4K動画の撮影に対応した「FDR-X3000」と

フルHD動画の撮影に対応した「HDR-AS300」が発表になりました。

 

今回発表されたアクションカム2機種には、

既にハンディカムにも搭載されている「空間光学ブレ補正」機能を搭載。

これまでの機種と比べても手ブレや振動に対して非常に強くなっています。

 

また、発表された2機種にはライブビューリモコン(RM-LVR3)を同梱した

「FDR-X3000R」と「HDR-AS300R」も同時に発売となります。

 

FDR-X3000シリーズ

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-02.jpg

アクションカム FDR-X3000

ソニーストア販売価格:49,880 円+税

⇒ FDR-X3000の商品詳細はこちら

 

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-03.jpg

アクションカム ライブビューリモコンキット FDR-X3000R

ソニーストア販売価格:64,880 円+税

⇒ FDR-X3000Rの商品詳細はこちら

 

 

HDR-AS300シリーズ

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-04.jpg

アクションカム HDR-AS300

ソニーストア販売価格:39,880 円+税

⇒ HDR-AS300 商品詳細はこちら

 

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-05.jpg

アクションカム ライブビューリモコンキット HDR-AS300R

ソニーストア販売価格:54,880 円+税

⇒ HDR-AS300Rの商品詳細はこちら

 

 

 

アクションカムにはぜひ欲しかった「空間光学ブレ補正機能」搭載

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-06.jpg

 

フラグシップモデルのFDR-X3000だけでなく、フルHD撮影のHDR-AS300にも搭載された

『空間光学ブレ補正機能』はハンディカムで採用された機能。

動きの激しい状況で使うことが多いアクションカムにとって

まさに「待ってました!」という機能ですね。

 

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-07.jpg

従来品(FDR-X1000V/HDR-AS200V比)と比べると格段にブレに対して強くなっています。

 

ただし、バイクなどに装着して使う際に

エンジンやモーターの振動が直接カメラに伝わるような設置状況においては

画像の歪みやピントにボケが生じる場合があるそうです。

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-22.jpg

バイク乗車中に撮影を行う場合は

ヘルメットサイドマウント VCT-HSM1を使用してヘルメットに装着するか

チェストマウントハーネス AKA-CMH1を使用して胴体にアクションカムを装着するなど

直接振動が伝わらない使い方がオススメです。

⇒ オートバイで撮影するには|ソニー

 

ほかにも、今年の秋に発売される別売アクセサリー

『X3000/AS300用モーターバイブレーションアブソーバー』の使用が推奨されています。

 

 

 

ハウジングによる「防水」のほかに、本体も「防滴」が採用

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-08.jpg

 

FDR-X3000、HDR-AS300は本体にもIPX4相当の「防滴」が可能です。

軽い水しぶきや小雨程度であれば大丈夫。

防水ハウジングを装着せずに使えるシーンが増えるので

防水ハウジングを装着すると、どうしても音がこもるという悩みも解決できそうです。

 

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-09.jpg

もちろん、付属の防水ハウジングを装着すれば、

防水・防塵・耐衝撃・耐低温の環境でも使えるので

これからの季節、海や川といった場所での撮影にも安心して使えます。

 

 

さらに高画質&高音質な映像の撮影が可能に

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-10.jpg

 

FDR-X3000、HDR-AS300では、さらなる高画質・高音質のための設計がなされています。

 

・ZEISS(R)(ツァイス)テッサーレンズ

・ステレオマイク

・風切りノイズの低減

などは従来からも取り入られてきましたが、

 

Exmor R(R) CMOSセンサーを使う事で解像度を向上させると共に、

夜景や暗い場所での撮影に威力を発揮。ノイズを低減し、美しく鮮やかに撮れます。

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-11.jpg

 

アクションカム FDR-X3000

FDR-X3000では約100Mbpsのハイビットレート記録が可能なXAVC Sフォーマットの採用により、

圧縮ノイズが少なく、より美しくなめらかな映像が残せます。

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-12.jpg

 

HDR-AS300

 

HDR-AS300もフルハイビジョン/60p撮影に対応。

FDR-X300と同じXAVC Sフォーマットの採用により、

約50Mbpsのハイビットレート記録が可能。

圧縮ノイズが少なく、より美しくなめらかな映像を残せます。

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-13.jpg

 

美しいだけでなく、動きの速い映像にも強くなっています。

 

 

より使いやすくなった「ライブビューリモコン」

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-14.jpg

 

FDR-X3000、HDR-AS300と同時に

ライブビューリモコンがセットになったモデルも発売になります。

このライブビューリモコンの単体販売は行われず、本体とのセットだけでの販売となっています。

 

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-15.jpg

今回セットになっている、ライブビューリモコン「RM-LVR3」は

従来モデルの「RM-LVR2」よりも約30%ほど小型化しています。

付属のベルトで腕時計のように使うほか、新しく付属品となった「三脚穴対応のマウントアダプター」と

別売りのアクセサリーを組み合わせることで、

自転車やバイクにリモコンを装着することができます。

 

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-16.jpg

また、ライブビューリモコンと本体のアイコンが同じものに一新され

UIも同じ配置になったことで操作しやすくなっています。

 

 

 

新しく追加になったアクションカム用アクセサリーの使い勝手が良さそう

 

今回、本体と一緒にアクセサリーも2商品が追加になりました。

 

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-17.jpg

フィンガーグリップ AKA-FGP1

ソニーストア販売価格: 2,880 円+税

⇒ AKA-FGP1の商品詳細はこちら

 

 

フィンガーグリップは本体とライブビューリモコンキットを組み合わせて

ハンディカムのように使うことができるアクセサリー。

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-18.jpg

 

移動中は帽子や自転車に装着して景色を撮り、観光地や屋内に入った時は

取り外してこのフィンガークリップと組み合わせて使うなど

アクションカムをこれまでと違う使い方ができるので面白そうですね。

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-19.jpg

対応するのは、FDR-X3000、HDR-AS300とHDR-AS50

旧商品は本体サイズが違うためか使えないようですね。この点は少し残念です

 

 

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-20.jpg

MCプロテクター AKA-MCP1

ソニーストア販売価格: 3,880 円+税

⇒ AKA-MCP1の商品詳細はこちら

 

MCプロテクター AKA-MCP1はFDR-X3000、HDR-AS300のレンズに装着するプロテクター

防水ハウジングを装着しないで使用する際に

レンズ部分を保護するだけでなく、強い光が当たるシーンでも反射やゴーストなどを低減し、

画質への影響を最小限に抑えます。

 

撥水・撥油コート採用で水や油を弾きやすく、汚れが付着しても簡単に拭き取ることができます。

水しぶきがかかるようなシーンで効果を発揮します。

 

2016-06-21_actioncam-fdr-x3000-21.jpg

 

「AKA-MCP1」横に広いので装着するとボディの横幅を超えてしまいます。

帽子やヘルメットに装着する場合など、スッキリとしたい場合は

付属の防水ハウジングのほうがいいかもしれませんね。

ソニーストア   h.ear go(SRS-HG1)

どうして丸くなったの? やっぱり四角がいいの?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pipo.co.jp/mt-tb.cgi/698

Sony Authorized Dealer

電脳工房pipo!中電気店はソニー特約店です。
ご購入頂いたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

VAIO株式会社製VAIO展示店 店頭にてお試しいただけます
ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア

中の人による商品紹介&レビュー

Xperia

  • Xperiaスマートフォン

VAIO

  • VAIO社製 VAIO C15
  • VAIO社製 VAIO S15
  • VAIO社製 VAIO S13
  • VAIO社製 VAIO S11
  • VAIO社製 VAIO Z
  • VAIO社製 VAIO Z Canvas

VAIOアクセサリー

  • VAIOアクセサリー
  • VAIO機能・ソフト
  • VAIO情報

α:アルファ(デジタル一眼カメラ)

  • “α”Eマウント(NEX)
  • “α”Aマウント
  • “α”専用レンズ
  • “α”アクセサリー

その他のSony製品

  • ウォークマン
  • サイバーショット
  • ハンディカム
  • オーディオ・ステレオ
  • ヘッドホン
  • PS4/PS3/PSVita