2016-10-04_walkman-a30-00.jpg

手ごろな値段でハイレゾ音源が再生できるウォークマンAシリーズの新製品「A30シリーズ」が発表されました。

従来品よりもヘッドホン出力の向上、DSD再生に対応、タッチパネルでの操作が可能になりました。

ソニーストア  ソニーストア

すべては、音楽の感動のために

2016-10-04_walkman-a30-01.jpg

⇒ ハイレゾをもっとクリアに、快適な操作性で楽しめる
高音質技術を強化し、タッチパネルを搭載したウォークマン新Aシリーズ発売

 

ウォークマンAシリーズの新製品「A30シリーズ」が発表になりました。

ハイレゾ音源が再生できるウォークマンAシリーズは値段に対しての性能が高く

人気の高い製品です。

 

 

ウォークマン A30シリーズ

2016-10-04_walkman-a30-02.jpg

発売日:2016年10月29日

 

ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A37HN

ソニーストア販売価格:43,880 円+税

ストレージ容量:64GB

☆ ハイレゾ対応ヘッドホン付

 

ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A36HN

ソニーストア販売価格:33,880 円+税

ストレージ容量:32GB

☆ ハイレゾ対応ヘッドホン付

 

ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A35HN

ソニーストア販売価格 28,880 円+税

ストレージ容量:16GB

☆ ハイレゾ対応ヘッドホン付


ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A35

ソニーストア販売価格:21,880 円+税

ストレージ容量:16GB

※ NW-A35にはハイレゾ対応ヘッドホンは付属しません。

 

⇒ ウォークマンA30シリーズの商品詳細はこちら


 

 

どのストレージ容量でも全てのカラーが選択可能

 

2016-10-04_walkman-a30-03.jpg

 

従来のAシリーズではストレージ容量によって選べるカラーリングに制限がありましたが、

A30シリーズではどのストレージ容量でも全5色のカラーリングを選ぶことができます。

また、NW-A35にはすでにハイレゾ対応ヘッドホンをお持ちの方や、

同時に好みのハイレゾ対応ヘッドホンを購入する人向けに

ハイレゾ対応ヘッドホンが付属しないモデルとなっています。

 

 

2016-10-04_walkman-a30-04.jpg

 

今回、タッチパネルが採用されたことで

ディスプレイサイズは3.1型と大きくなりましたが

本体サイズは全体的に小さくなりました。

女性の手のサイズでもタッチパネルの端まで片手で操作できるサイズです。

 

2016-10-04_walkman-a30-07.jpg

本体フレームにアルミダイキャストが採用され、

ボディの表面も鋳物のような質感になっています。

傷が目立ちにくく滑り止めの効果もあり一石二鳥。

 

 

 

タッチパネルと物理ボタンの採用でスムーズな操作が可能

 

A30シリーズでは操作性を良くするために3.1型タッチパネル液晶を搭載しています。

音楽再生画面を中心にして上下左右にスワイプすると、

ライブラリートップ、各種音質設定、再生リスト、ブックマークリストの各メニューを素早く表示できます

 

2016-10-04_walkman-a30-05.jpg

 

また、タッチパネル液晶だけでなく、本体の側面にはハードウェアボタンがあるので、

バッグやポケットに入れたまま、画面を見ることなく基本操作(再生/停止、曲送り/曲戻し、音量調節など)ができます。

これからの時期は手袋をつけていたり、

ポケットに手を入れたまま操作できるのは非常にありがたいですね。

 

2016-10-04_walkman-a30-06.jpg

 

 

 

ソニーのウォークマンとしての基本機能もバッチリ

 

A30シリーズはこれまでのウォークマンの基本性能もしっかり押さえています。

音楽プレイヤーとして「こうだったらいいのに」の部分を備えています。

 

SDカードで容量の追加が可能

2016-10-04_walkman-a30-08.jpg

A30シリーズのストレージ容量の最大はNW-A37HNの64GBですが、

microSDカードを使用して容量を増やすことができます。

A20シリーズでも128GBまで対応していたので、

今回も同程度の容量を持ったmicro SDカードは使えるでしょう。

 

 

Bluettohの接続がらくちんNFC対応

2016-10-04_walkman-a30-09.jpg

ワンタッチでBluettoh対応機器と接続可能な、NFC機能を搭載。

同じくNFCを搭載してるワイヤレススピーカーやワイヤレスヘッドホンなどと

接続するのがすごく簡単に済みます。

 

 

高スタミナで長時間の再生が可能

2016-10-04_walkman-a30-10.jpg

 

ハイレゾ音源の再生は電池の消耗が激しく、FLACやMP3形式のファイルと比べると

約6割~5割程度の再生時間になってしまいます。

ウォークマンA30シリーズではノイズキャンセリングをONにしても

DSDファイルを約22時間の再生が可能です。

 

 

PCが無くても録音が可能

2016-10-04_walkman-a30-12.jpg

 

ウォークマンA30シリーズではパソコンを持っていなくても、

CDプレーヤーなどのオーディオ機器とウォークマンを

別売の録音用ケーブル(WMC-NWR1)で接続してシンクロ録音を選択すれば、

曲の再生開始/終了にあわせて自動で録音がスタート/終了します。

ただし、この方法で録音した音はハイレゾではありません。

 

2016-10-04_walkman-a30-13.jpg

また、マルチコネクトコンポなら、CDの音楽やラジオ番組をウォークマンに録音して持ち歩けます。

FM/AMラジオ放送のタイマー録音も可能です。

※機器の対応についてはシステムステレオのページをご確認ください

 

 

ファイルのドラッグでウォークマンへの曲の転送が可能

2016-10-04_walkman-a30-11.jpg

 

ウォークマンへ曲を転送するのに専用のアプリは必要ありません。

ファイルをドラッグするだけでOK。

また、Windows OSだけでなくMac OSにも対応。

iPhoneで音楽を聴くのはバッテリーが心配、ハイレゾ音源で聴きたいという人にもオススメです。

 

A30シリーズは、ハイレゾ音源を再生できるウォークマンとして

性能と価格のバランスが非常に良いウォークマンとなりました。

全5種類のカラーリングは h.earシリーズと同じバリエーションなので、

同系色のヘッドホンと合わせると良い感じですね!

 

発売日は2016年10月29日、ソニーストアでは先行予約販売中です。

 

 

2016-10-04_walkman-a30-ad01.jpg

⇒ ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア   h.ear go(SRS-HG1)

どうして丸くなったの? やっぱり四角がいいの?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pipo.co.jp/mt-tb.cgi/762

Sony Authorized Dealer

電脳工房pipo!中電気店はソニー特約店です。
ご購入頂いたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

VAIO株式会社製VAIO展示店 店頭にてお試しいただけます
ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア

中の人による商品紹介&レビュー

Xperia

  • Xperiaスマートフォン

VAIO

  • VAIO社製 VAIO C15
  • VAIO社製 VAIO S15
  • VAIO社製 VAIO S13
  • VAIO社製 VAIO S11
  • VAIO社製 VAIO Z
  • VAIO社製 VAIO Z Canvas

VAIOアクセサリー

  • VAIOアクセサリー
  • VAIO機能・ソフト
  • VAIO情報

α:アルファ(デジタル一眼カメラ)

  • “α”Eマウント(NEX)
  • “α”Aマウント
  • “α”専用レンズ
  • “α”アクセサリー

その他のSony製品

  • ウォークマン
  • サイバーショット
  • ハンディカム
  • オーディオ・ステレオ
  • ヘッドホン
  • PS4/PS3/PSVita