サブウーファーを内蔵したスリムボディのサウンドバー「HT-S200F」「HT-S100F」発表

省スペースで迫力のある音を出せるサウンドバーシリーズに、テレビの前に置きやすい高さは6.4cm、奥行きは10cm未満のサウンドバー「HT-S200F」と「HT-S100F」が発売!価格も2万円台と手頃です。

ソニーストア  ソニーストア

すべては、音楽の感動のために

置き場所も価格も気軽に使えるサウンバー

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-01.jpg

⇒ テレビ前にも手軽に置けるサウンドバー2機種を発売 ~スリムなサイズと広がりのあるサラウンド音場を両立~

 

ソニーよりテレビの前の限られたスペースでも置ける、

スリムなサウンドバー「HT-S200F」「HT-S100F」が発表されました。

 

もともとフロントスピーカー + サブウーファーだけで

本格的な音を楽しめるのがサウンドバーシリーズの特徴でしたが、

HT-S200F」はサブウーハーを内蔵、「HT-S100F」もバスレフレックス構造により

本体はスリムでも迫力のある低音が楽しめます。

 

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-02.jpg

サウンドバー HT-S200F

ソニーストア販売価格:27,880 円+税

カラー:(B)チャコールブラック、(W)クリームホワイト

発売日:2018年1月27日発売予定

 

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-03.jpg

サウンドバー HT-S100F

ソニーストア販売価格:22,880 円+税

発売日:2018年2月17日発売予定

 

 

 

コンパクトなボディでも迫力のある音

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-04.jpg

 

HT-S200F」「HT-S100F」共に高さは約6.4cm、奥行きは10cm未満と

スリムでコンパクトなサイズなので、TVの前のスペースにスッキリと収まります。

 

通常、本体が小さいスピーカーは迫力のある低音が出ないものですが

HT-S200F」は本体にサブウーファーを内蔵し、深みのある低音の出力が可能です。

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-05.jpg

 

また、「HT-S100F」はサブウーファーを搭載していませんが、

エンクロージャーをバスフレックス構造にすることで、低音が強調されています。

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-06.jpg

 

 

 

TVとの接続はHDMIケーブル1本だけ Bluetooth接続もOK

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-07.jpg

 

HT-S200FHT-S100F 共に、TVとはHDMIケーブル1本で接続完了。

以前のような、入力・出力を別にした複雑なケーブルの配線は必用ありません。

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-08.jpg

 

ARCに対応したテレビとHDMIケーブルでつなぐと、テレビのデジタル音声信号が本体に伝送されます。

以前は必要であった、光デジタルケーブルの接続もいりません。

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-09.jpg

 

注意すべきなのはお使いのTVのHDMI端子が「ARC」に対応しているかどうか。

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-10.jpg

⇒ 4KブラビアのHDMI端子は、HDR / HDMI.2.0準拠の4K50p/60p信号(18Gbps対応の拡張フォーマット含む)
/ HDCP2.2 / MHL / ARCに対応していますか?

 

例えば、4KブラビアにおいてもすべてのHDMI端子がARCに対応しているわけではなく

機種によってARCに対応したHDMI端子の番号が異なるようです。

(HDMI端子の2か4が多いようですが、下記はHDMI端子3がARC対応しているパターン)

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-11.jpg

 

お手元のブラビアのHDMI端子はどれがARCに対応しているかは

ソニーWEBサイト > 総合サポート・お問い合わせ > 取扱説明書のページから

お使いの機種を検索して下さい。

 

また、「HDMI機器制御(CEC)」に準拠しているので、使っているのテレビリモコンで

音量調整などの操作が可能です。

しかし、ソニー以外のメーカーのテレビの独自機能などは正常に動作しない可能性もあります。

ちなみに「HDMI機器制御(CEC)」とは各社で一般的に「~リンク」などと呼ばれる機器連携機能のうち、

HDMI接続された機器間の連携機能を指します。

 

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-12.jpg

接続に関してはHDMI以外にも、PCスマホ・タブレット・ウォークマン等と

Bluetoothで接続してワイヤレススピーカーとしても使用できます。

 

 

TVと接続する時のHDMIケーブルはARC対応のものを選びましょう。

 

注意点としては、「HT-S200F」「HT-S100F」共に

本体にはHDMIケーブルが付属していないため

新規にご購入いただく際はHDMIケーブルも一緒にご購入下さい。

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-13.jpg

HDMI端子用接続ケーブル DLC-HJ7/DLC-HJ10...

ソニーストア販売価格:1,124 円+税 ~

 

ソニーストアで現在発売しているHDMIケーブルについては

ARC(オーディオリターンチャンネル)に対応していますが

他メーカー製を購入する際にはARC(オーディオリターンチャンネル)に対応しているか

確認してからご購入下さい。

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-14.jpg

 

サブウーファーがなく、接続がシンプルなので

掃除や設置場所を変えるのもらくらく。

 

価格も他のサウンドバーよりも手頃な価格だから

『ホームシアターに憧れていたけれど…』という方にオススメです。

 

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-ad01.jpg

サウンドバー HT-S200F

ソニーストア販売価格:27,880 円+税

カラー:(B)チャコールブラック、(W)クリームホワイト

発売日:2018年1月27日発売予定

 

 

2018-01-16_HT-S200F-soundbar-ad02.jpg

サウンドバー HT-S100F

ソニーストア販売価格:22,880 円+税

発売日:2018年2月17日発売予定

 

ソニーストア   h.ear go(SRS-HG1)

どうして丸くなったの? やっぱり四角がいいの?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pipo.co.jp/mt-tb.cgi/952

Sony Authorized Dealer

電脳工房pipo!中電気店はソニー特約店です。
ご購入頂いたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア

中の人による商品紹介&レビュー

Xperia

  • Xperiaスマートフォン

VAIO

  • VAIO社製 VAIO C15
  • VAIO社製 VAIO S15
  • VAIO社製 VAIO S13
  • VAIO社製 VAIO S11
  • VAIO社製 VAIO Z
  • VAIO社製 VAIO Z Canvas

VAIOアクセサリー

  • VAIOアクセサリー
  • VAIO機能・ソフト
  • VAIO情報

α:アルファ(デジタル一眼カメラ)

  • “α”Eマウント(NEX)
  • “α”Aマウント
  • “α”専用レンズ
  • “α”アクセサリー

その他のSony製品

  • ウォークマン
  • サイバーショット
  • ハンディカム
  • オーディオ・ステレオ
  • ヘッドホン
  • PS4/PS3/PSVita