2018-01-12_newyear-new-music-00.jpg

昨年から本格的に普及し始めた「ハイレゾ」をまだ体験していない人、2018年は新しいこととして「ハイレゾ」をソニー製品で始めてみませんか?

ソニーストア  ソニーストア

すべては、音楽の感動のために

深く考えず「ハイレゾはいい音」ぐらいの認識でOK

 

「新年だし、せっかくなら新しい事始めてみましょう!」という気持ちで書いています。

さてソニーさんの研修などであれば、「ハイレゾとは96kHz/24bitの~」なんて

専門的な事を教えてもらうのですが、

 

ここではそんな説明は抜きで

CDよりもいい音

ぐらいの認識でOKです。

「深みがある」とか「奥行きがある」とも言われますね。

 

さて、ハイレゾを楽しむためには

最低でも2つのものが必要になります。

 

 

1つ目:ハイレゾ音源。

 

なにはともあれ、ハイレゾ音源、つまり高品質な音楽のデータが必用になります。

ハイレゾ音源はCDなどのように一般の店舗では販売しておらず、

主にインターネット上で音楽データを購入します。

 

とりあえずどんなものか試したい人は、音楽配信サイト「mora」にて

無料でダウンロードできるハイレゾ音源があるのでそちらを試してみましょう。

スマホXperiaのCMで流れている音楽など、10曲以上を無料で楽しめます。

 

2018-01-12_newyear-new-music-01.jpg

 

また、リニアPCMレコーダーPCM-D100や、ステレオレコードプレーヤーPS-HX500

パソコンを使って、アナログレコードをハイレゾ音質で録音するという手もあります。

 

 

 

2つ目:ハイレゾ音源に対応した機器。

 

ハイレゾ音源を用意できても、再生する機器がハイレゾに対応していないと

再生できない、もしくは再生してもCD音質並ということがあります。

ハイレゾに対応した機器は昨年あたりから爆発的に増えました。

 

 

スマートフォン

 

2015年頃から、ハイレゾ音源を再生するスマホは登場し始め、

ついに昨年には日本国内で発売されたスマホ「Xperiaシリーズ」では

ほぼすべての機器でハイレゾ音源の再生に対応になっています。

 

2018-01-12_newyear-new-music-02.jpg

⇒ スマートフォン|ソニーモバイル

 

※なお、スマホのスピーカーから再生される音に関してはハイレゾ音質ではありません。

ハイレゾ音質を楽しむためには、ハイレゾ対応のヘッドホン/ヘッドセットやスピーカーが必要です。

 

 

ウォークマン

 

現在、ソニーから発売されているウォークマンのうち

ウォークマンAシリーズ、ウォークマンZXシリーズ、ウォークマンWM1シリーズが

ハイレゾ音源の再生に対応しています。

ウォークマンSシリーズやウォークマンWM1シリーズは対応していません。

 

 

2018-01-12_newyear-new-music-03.jpg

ウォークマン NW-A40シリーズ

ソニーストア販売価格: 21,880 円+税 ~

 

 

2018-01-12_newyear-new-music-04.jpg

ウォークマンZXシリーズ NW-ZX300

ソニーストア販売価格: 64,880 円+税

 

 

2018-01-12_newyear-new-music-05.jpg

ウォークマンWM1 NW-WM1Z

ソニーストア販売価格: 299,880 円+税

 

 

ウォークマンA40シリーズ と ウォークマンWM1シリーズ

どちらもハイレゾ音源の再生ができますが

「ウォークマンWM1シリーズのほうが、よりいい音で再生できる」ので

値段がここまで大きく違うんですね。

 

もちろん、ウォークマンA40シリーズも

従来のCD音質までしか再生できないウォークマンと比べたら

抜群にいい音が再生できますよ。

 

しかし、車で例えるなら

ウォークマンA40シリーズが軽自動車だとしたらで

ウォークマンWM1シリーズはベンツやレクサスのような高級自動車

といったところでしょうか。

ウォークマンWM1シリーズ、べらぼうに高価ですがいい音なんですよね~

 

 

アクティブスピーカー

 

ハイレゾ音源をみんなで楽しみたい、ヘッドホンを使わなずに楽しみたい

というのであれば、アクティブスピーカーがオススメです。

 

2018-01-12_newyear-new-music-06.jpg

ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG1)

ソニーストア販売価格:24,880 円+税
 

 

SRS-HG1はBluetooh、Wi-Fi接続、USB接続と様々な接続に対応しているのが特徴

なお、SRS-HG1に接続する機器が「LDAC」という規格に対応していれば

Bluetooth接続でもハイレゾ相当(ほとんどハイレゾだけどハイレゾよりちょっと劣る)の音質で再生できます。

 

USB接続やWi-Fi接続では「ハイレゾ音質」での再生が可能です。

バッテリーを内蔵しているので、屋外に持ち出したり、

家の中の好きな場所で再生できたりというのも魅力です。

 

2018-01-12_newyear-new-music-07.jpg

⇒ h.ear go (SRS-HG1)の接続についてはヘルプガイドを参照

 

 

オーディオプレイヤー&オーディオシステム

 

「音楽は家でゆっくり」という方なら

ハイレゾ対応のオーディオプレイヤーがオススメです。

※なお、ハイレゾ音源は基本的にインターネット上からダウンロードするため

パソコン、インターネットの環境が必要になります。

 

2018-01-12_newyear-new-music-08.jpg


マルチオーディオコンポ CMT-SX7

ソニーストア販売価格:49,880 円+税

 

CMT-SX7はハイレゾ音源の再生だけでなく、

音楽CDをハイレゾ相当の音楽にアップスケーリング(増幅)する機能が特徴。

これまで集めたCD資産を活かしつつ、いい音で楽しめます。

AM/FMラジオの再生ができるのも大きなポイントです。

 

 

2018-01-12_newyear-new-music-09.jpg

コンパクトオーディオシステム CAS-1

ソニーストア販売価格:79,880 円+税

 

MAP-S1のようなCDを再生する機能はありませんが、

本体・スピーカー共にコンパクトなので、

デスクトップなどの限られたスペースでも設置しやすい、コンパクトなサイズです。

2018-01-12_newyear-new-music-10.jpg

最適視聴距離は最小75cmからとスピーカーから遠く離れなくても良いのも特徴です。

⇒ CAS-1最適視聴距離について|CAS-1 開発者インタビュー

 

 

2018-01-12_newyear-new-music-11.jpg

マルチオーディオプレーヤーシステム MAP-S1

ソニーストア販売価格:60,880 円+税

 

 

2018-01-12_newyear-new-music-12.jpg

スピーカーシステム SS-HW1(2台1組)

ソニーストア販売価格:53,880 円+税

 

MAP-S1は、オーディオプレイヤーシステムなので、

SS-HW1のようなハイレゾ対応のスピーカーが必要になります。

また他メーカーでもハイレゾに対応したスピーカーシステムであれば使用可能です。

CMT-SX7やCAS-1よりも低音部分でしっかりとした音が出るので

ジャズやクラッシック等がお好きな方にはMAP-S1 + SS-HW1の組み合わせが良いですね。

 

2018-01-12_newyear-new-music-17.jpg

 

 

テレビ&シアターシステム

 

映像も一緒に楽しむという方には、ハイレゾ対応のTVや

ハイレゾ対応のホームシアターがオススメ。

 

2018-01-12_newyear-new-music-13.jpg

4K液晶テレビ X9500Eシリーズ

ソニーストア販売価格:259,880 円+税 ~

 

地上波/BS放送、ネット動画をハイレゾ相当へとアップスケーリングが可能。

また、USBメモリやパソコンに保存されたハイレゾ音源や

ハイレゾ音源を収録したブルーレイディスクであれば、

ハイレゾ音源をそのまま楽しむことができます。

 

特にハイレゾ音源を収録したミュージックビデオは

4K画質の映像とハイレゾ音源の音楽があわさって、

コンサート会場のような臨場感が楽しめます。

 

2018-01-12_newyear-new-music-14.jpg

 

 

2018-01-12_newyear-new-music-15.jpg

サウンドバー HT-ST5000

ソニーストア販売価格:159,880 円+税

 

すでに4KTVを使っているのなら、ハイレゾ対応のホームシアターシステム

サウンドー HT-ST5000もオススメです。

複数の「磁性流体スピーカー」を直線上に並べた「アレイスピーカー」配置により

前面にスピーカーが集中しているにも関わらず、

後ろから・横から回り込むような音の再生が可能です。

 

複数のHDMI接続が可能なので手持ちのBD/DVDレコーダーやゲーム機などの音声も

ハイレゾ相当で再生が可能です。

USB、Wi-Fi、Bluetoothでの接続も可能なので、ワイヤレススピーカーとしても活躍できます。

 

2018-01-12_newyear-new-music-16.jpg

 

 

ソニー製品は昨年あたりからハイレゾ、NFC(ワイヤレス)に力を入れているので

今年もハイレゾ対応の商品は続々と登場すると思います。

さしあたっては、CES2018で発表される商品が気になりますね。

いちおう今日まで開催なので、日本国内でも週明けに新商品の発表とかあると嬉しいな。

 

 

ソニーストア   h.ear go(SRS-HG1)

どうして丸くなったの? やっぱり四角がいいの?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pipo.co.jp/mt-tb.cgi/949

Sony Authorized Dealer

電脳工房pipo!中電気店はソニー特約店です。
ご購入頂いたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

VAIO株式会社製VAIO展示店 店頭にてお試しいただけます
ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア

中の人による商品紹介&レビュー

Xperia

  • Xperiaスマートフォン

VAIO

  • VAIO社製 VAIO C15
  • VAIO社製 VAIO S15
  • VAIO社製 VAIO S13
  • VAIO社製 VAIO S11
  • VAIO社製 VAIO Z
  • VAIO社製 VAIO Z Canvas

VAIOアクセサリー

  • VAIOアクセサリー
  • VAIO機能・ソフト
  • VAIO情報

α:アルファ(デジタル一眼カメラ)

  • “α”Eマウント(NEX)
  • “α”Aマウント
  • “α”専用レンズ
  • “α”アクセサリー

その他のSony製品

  • ウォークマン
  • サイバーショット
  • ハンディカム
  • オーディオ・ステレオ
  • ヘッドホン
  • PS4/PS3/PSVita