ポータブルヘッドホンアンプの上位機種「PHA-2」を発表! 192kHz/24bit、DSDに対応

昨年の10月に発売され現在も発売中の、ポ-タブルヘッドホンアンプ(通称:ポタホン)「PHA-1」の
上位機種版である「PHA-2」が10月発売と発表されました。

PCM音源の対応が広がったり、新たにDSD対応になったりと要望が多かった機能が反映されているようです。

ソニーストア  ソニーストア

すべては、音楽の感動のために

良音質を追求しDSDへの対応可能になった「PHA-2」

 

ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2」

 

【外部リンク】 ヘッドバンド型ヘッドホン『MDR-10』シリーズとポータブルヘッドホンアンプ『PHA-2』 |プレスリリース|ソニー

 

IFA2013でも発表された「PHA-2」が早くも発売決定!

発売日は、2013年10月25日(金)

予想販売価格は約55,000円と、発売中の「PHA-1」よりも高くなる模様

 

なお、現在発売中の「PHA-1」は引き続き「PHA-2」と並行して販売して行く模様

 

「PHA-1」と「PHA-2」では何が違うのか

 

PHA-1とPHA-2の外見比較

 

単純に外見だけを見ると同じ、アルミボディ+亜鉛ダイキャストバンパーですが
PHA-2のほうがアルミのヘアラインを強調した作りやリューズなどの高級感が増していますね。

 

機能面でいえば、
「PHA-1」はUSB入力が96kHz/24bitまでの対応だったのに対して、
「PHA-2」は最大192kHz/24bitに対応

 

CDよりもよい音のSACD(Super Audio CD)DSD(Direct Stream Digital)
といったCDの音質(44.1kHz/16bit)を超える
ハイレゾリューション・オーディオの再生に対応しているのが最も大きな特徴。

 

ネットワークやメディアの進化に伴って、CDからの再生よりも
高音質なコンピュータやHDDに保管されたデジタルファイルの再生が
主流になりつつあるので、

 

「もっといい音で聞きたい!」という方には本当にオススメ!

 

ソニーストアでは10月1日より先行予約販売が開始されます。

「PHA-1」の時も発売後しばらく品薄が続いたので
興味を持った方や発売日に確実に手に入れたい!という方は

 

既に開始しているメール登録がオススメですよ!

⇒ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2」のメール登録画面へはこちらから

 

 

DSD(Direct Stream Digital)を再生できるポータブルヘッドホンアンプ PHA-2

【外部リンク】 DSDを再生できるポータブルヘッドホンアンプ PHA-2

ソニーストア   h.ear go(SRS-HG1)

どうして丸くなったの? やっぱり四角がいいの?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pipo.co.jp/mt-tb.cgi/254

Sony Authorized Dealer

電脳工房pipo!中電気店はソニー特約店です。
ご購入頂いたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

VAIO株式会社製VAIO展示店 店頭にてお試しいただけます
ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A30シリーズ

ソニーストア

中の人による商品紹介&レビュー

Xperia

  • Xperiaスマートフォン

VAIO

  • VAIO社製 VAIO C15
  • VAIO社製 VAIO S15
  • VAIO社製 VAIO S13
  • VAIO社製 VAIO S11
  • VAIO社製 VAIO Z
  • VAIO社製 VAIO Z Canvas

VAIOアクセサリー

  • VAIOアクセサリー
  • VAIO機能・ソフト
  • VAIO情報

α:アルファ(デジタル一眼カメラ)

  • “α”Eマウント(NEX)
  • “α”Aマウント
  • “α”専用レンズ
  • “α”アクセサリー

その他のSony製品

  • ウォークマン
  • サイバーショット
  • ハンディカム
  • オーディオ・ステレオ
  • ヘッドホン
  • PS4/PS3/PSVita